情報通信ソリューション

安心?安全の社会インフラを支える光ファイバネットワーク

ファイバ?ケーブル、ファイテル製品、ブロードバンドソリューションの3つの事業から成り、情報通信インフラに関連する製品の製造?販売および情報通信ネットワークの設計?施工?サービス等を行っています。

5G(第5世代移動通信システム)への移行が世界的に進み始め、私たちの生活も大きく変わろうとしています。5G社会では「超高速?大容量」「低遅延」「多数端末同時接続」が要求されます。それらの社会的ニーズに対応する製品群?サービスの開発、拡販を進めています。

エネルギーインフラ

再生エネルギーの技術革新による、5G社会を支える

電力事業、産業電線?機器事業から成り、超高圧、高圧、中低圧のケーブルや機器等の製造?販売および敷設を行っています。

電力事業については、2016年10月の事業再編により、新しい体制をスタートさせました。「再生可能エネルギーを主要電源に」という政府方針のもと、日本では電源分散化に対する系統線整備?強靭化、連携線の増強が必須です。また5G社会を支えるには、高品質な電力の安定供給が求められます。早期に事業基盤を確立し、将来のエネルギーミックス転換に貢献してまいります。

自動車部品?電池

人と車と世界をつなぎ、より安全で快適、地球環境にやさしい自動車の未来を支える

ワイヤハーネス、ステアリング?ロール?コネクタ、鉛バッテリ状態検知センサ等の自動車部品事業および上場子会社古河電池(株)による電池事業から成ります。

100年に一度の大変革期を迎えている自動車分野に対し、安全?安心を上位概念として置き、素材技術を活かしたモノ売りからコト売りに展開できる事業を目指します。

電装エレクトロニクス材料

素材を作る開発力を活かし、グローバル化し続ける社会に応える

導電材(含む巻線)事業、銅条?高機能材事業から成り、主に電線、自動車部品や電子機器材料用銅製品の製造?販売を行っています。

自動車市場での「電動化」「自動運転化」「IoT」「AI」による情報や知識の共有化機械の増加により、通信デバイス、センサ、制御デバイス、受動部品等の市場が拡大し、素材にも多様な特性が求められます。お客様のニーズに合わせて素材を作る開発力を活かした価値提案を行ってまいります。

機能製品

機能製品の製造?販売による社会への貢献

AT?機能樹脂、サーマル?電子部品、メモリーディスク、銅箔から成り、樹脂および非鉄金属を加工した各種機能製品の製造?販売を行っています。情報通信の高速大容量化が進む5Gの社会と、それを支えるサステイナブルな社会へ、多岐にわたる製品群で貢献しています。

データセンターを含むエレクトロニクス市場においては、差別化された高付加価値品による収益拡大を目指すとともに、樹脂技術を基盤にした製品開発で、社会環境の変化に合ったソリューションを提供いたします。

サービス?開発等

経験?実績を活用して、最適なロジスティクス?ソリューションを提供

主に、物流、不動産の賃貸、水力発電、新製品研究開発、各種業務受託等による当社グループ各事業のサポート等を行っております。

次世代新事業の育成

社会の変化に対し、これまで培ってきた技術を応用し、これからの社会を支えるさまざまな事業に取り組んでいます。

自動車のグリーン化

輸送機器分野におけるエネルギー問題やCO2排出量の増大などの解決に向けて、当社グループは、独自の素材力を駆使し、自動車部品の軽量化やエネルギー効率の改善など、自動車のグリーン化を進めています。

電力インフラのスマート化

当社グループは、長年にわたり電力の伝送に関わるインフラストラクチャー(生活基盤)の構築に携わってきました。その電力インフラ事業で培った技術力を活かし、エネルギーを効率的に活用するスマートグリッド社会の実現に貢献します。

通信インフラの大容量化

世界のデータ通信量は年率40%の割合で増加していくと予測されており、今後も光通信技術を駆使した通信ネットワークの大容量化が必要とされています。当社グループは、最先端のフォトニクス技術を駆使した高機能部品を開発し、通信インフラの大容量化に貢献しています。