代表取締役社長
小林敬一

株主?投資家の皆様には、平素より格別のご支援ならびにご厚情を賜り心より御礼申し上げます。


当上半期(第2四半期連結累計期間)の当社グループの業績は、自動車部品事業で半導体?樹脂不足等による顧客の減産、新型コロナウイルス影響による東南アジアの一部拠点におけるロックダウンの影響はあるものの、前年同期比では増収増益となりました。

しかし、当期の通期業績予想に関しては、前述の自動車部品事業における業績悪化およびグループ全社における材料費?輸送費の高騰、物流混乱?遅延の影響を主な要因として期初の予想から下方修正いたしました。株主?投資家の皆様には多大なご心配をおかけし誠に申し訳ございません。

さらなる拡販、原価低減活動に注力するとともに、材料調達?物流を含むサプライチェーン強化の取り組みを全社グループを挙げて推進し、事業環境変化による影響を最小限に留めるべく経営を行ってまいります。

なお、当期の配当金につきましては、中間配当は見送らせていただきますが、期末配当は1株につき60円を予定しております。


皆様には、倍旧のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


2021年12月