道路標識?照明?カーブミラーなど、道路附属物施設の老朽化による事故が全国で発生しており、時には人や車に被害が及んでいます。事故の未然防止には施設の計画的な維持管理が必要ですが、数が多いために所在を正確に把握することが困難であり、多くの地方自治体では、定期点検を実施したくてもなかなか着手できていないのが実状です。
古河電工が開発した附属物点検表作成サービス「みちてんスナップ」では、汎用ドライブレコーダーで撮影した走行動画を独自のRPA(注1)技術で解析し、施設の基本情報を抽出。道路附属物の適切な維持管理を、時間とコストをかけずに実施可能にします。

(注1)RPA(ロボティック?プロセス?オートメーション):煩雑な作業をソフトウエアで自動化する技術

さらに、附属物巡視支援システム「みちてんクルーズ」は、道路巡回車に取り付けたドライブレコーダーの走行動画から、点検表の記載情報に基づき、あらためて道路附属物の動画をコンパクトに切り出しデータ化。道路附属物の日常巡視を強化し、効率的、合理的な予防保全を実現します。
また、道路標識?照明等の道路附属物の点検記録様式(点検表)は、各部材の点検箇所が多く、作成に非常に手間がかかります。附属物点検支援システム「みちてんアシスト」は現場と事務所の両方で作業を効率化する、現場目線で作り込んだ支援ツールです。ARで点検対象物を簡単に特定し、事前に読み込んだ過去の点検データと比較しながら効率よく点検を実施。撮影した記録写真は点検箇所ごとに自動振り分けが可能で、点検表を短時間で簡単に作成できます。
道路附属物維持管理ソリューションについては、以下Webサイトにて詳しくご紹介しております。
   

お問い合わせはこちらからお願いいたします。